HP→手塚治虫 先生



手塚治虫



昔からマンガが大好きだったんですが、特に手塚先生が好きでした。

手塚治虫氏の作品は、もはやマンガじゃないと思う。


「壮大」って言葉は、手塚作品のためにあるんだ、 きっと。


手塚氏のマンガはどれもオススメだけど、
その中でも好きな作品を紹介したいと思います。

もし、他にこれが面白かった!! というオススメ作品があれば、
掲示板などで教えていただければ有難いです。

マンガ喫茶にこもりに行きますんで(笑)



順位はあえて付けません。 思いつくままに・・・・。
『 空気の底 』

手塚治虫と言えば、ちょっと「綺麗なストーリー」というか、
「夢のあるストーリー」というか・・・

そういうイメージってないですか?

この本はオムニバスで16本の作品が収録されてるのですが・・・
ほぼ全てが、救いのカケラもありません。

でも、15〜20ページでこの深さを表せるのは、
やはり手塚さんしかいないような気がします。

『 空気の底 』


『 ブッダ 』
『 ブッダ 』

これは、かなり有名ですよねー。
言うまでも無く、仏教の開祖ブッダのお話です。

私は箱買いしました ^^;

かなりフィクションも含まれてるけれども、
仏教思想に興味を持てるので良いです。

テーマの割に重苦しくならないのが、手塚作品のいいところ。
※思想関連で 『 火の鳥 』 もオススメ。 有名どころですね ^^

『三つ目がとおる』

これも有名かな?

少年・写楽は、おでこに大きな「ばんそうこう」を貼ってるのですが、
それを剥がすと、第三の目が現れます。

彼は、三つ目になると悪魔のような力を操れるようになるのです。

私がこの作品を初めて読んだのは小学生の時だけど、
その時に読んでも、今読み返しても面白い。

ほんまにすごいことやと思う。

『 三つ目がとおる 』


『 やけっぱちのマリア 』
『 やけっぱちのマリア 』

まぁ、これは・・・
作品の完成度としては他作品に劣ると思うけど、
設定の無茶苦茶さが好きなので紹介しておきます。

主人公・ヤケッパチ(男)が妊娠するところから、話が始まります。
(そもそも、主人公の名前からして無茶。)

ヤケッパチは「エクトプラズム」として子供を生んだものの、
身体が無いので、どうしようと考えたあげく、

ダッチワイフにのりうつらせることになって・・・・

手塚氏は、性教育をしたかったらしいです。
面白いけど、この設定・・・かなり無茶です ^^;


とりあえず、今回はこのくらいで。 また、そのうち更新します〜。


HPに戻る




SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO